中国最古の馬車の遺跡殷墟馬車坑
中国最古の女性将軍「婦好」のお墓婦好墓
中国最古の文字甲骨文字
中国で出土した最大の青?器司母戊鼎

中国最古の文書--YH127甲骨の穴蔵

殷墟博物館
乙20宗廟遺跡
 
 
 
中国最古の馬車の遺跡殷墟馬車坑


土地が広いここ中原地帯では、家畜を利用した「畜力車」が古代の内陸における重要な交通手段だった。文献によれば、夏の時代には既に馬車が発明されていたが、未だにその遺跡は見つかっていない。殷墟で発掘された殷の時代の馬車坑には、中国最古の畜力車の実物がある。これにより、中国は世界で馬車を最も早く発明・使用した古代文明国の一つであることが分かった。また、研究によれば、スマートで丈夫な構造と軽い車体を持つこの馬車は、スピードが速く、重心が取れており、乗り心地も良いことが判明している。この殷墟馬車坑は、上古時代の発達した畜力車文明を物語ると同時に、馬と共に殉葬者も発見されたことから奴隷社会の残酷な殉葬制度をも反映し、生きた歴史教科書となっている。

________________________________________________________________________________________________________________________________________________